猫伝染性腹膜炎の発症から約30日
治療を開始する前と後での変化。

便:食欲低下からか硬い便だったが、軟便に変化(発症前の状態になった)
食欲:治療開始初期はスープ系しか食べなかったが、ドライフードも食べるようになった
尿の色:黄色の濃い色だったが、やや薄い黄色に変化

都合のいいように考えてしまうが、体重は43.0kgと変化がない。
14日より、ビタミンサプリの投与を始めた。

乳酸菌は、乳酸菌ゴールドと言う商品です。
ラクトフェリン配合で、抗ウイルス効果が期待される。
しかし、コロナウイルスに対しての効果は不明。
その他に、ビール酵母が配合されている。

ビタミンサプリは、人間用を小さくしてそのまま投与。
免疫系の強化に期待している。

----------------------------

致死率95%とか言われている、致死性の病気。
現実を受け止められないので、絶対に助けるって諦めていない。
無駄なあがきをしようじゃないか。
一般的にはインターフェロンを使用するらしいが、それで致死率95%なら
その治療法は間違っていると言えるのではないか。
延命治療との事だが、納得がいかない。
そんな事をするなら、首を絞めて殺してしまった方がいい。
腹水や胸水が溜まり、呼吸困難に陥って苦しんで死ぬ。
それが結末なのだから・・・

[PR]
by yamanuko | 2015-04-15 03:37 | ぬこ日記
<< 嘔吐がひどい 猫伝染性腹膜炎 >>